メニュー

子宮頸がんワクチン9価について

最近、子宮頸がんワクチン9価(シルガード9)が発売となりました。

今までの公費適用の子宮頚がんワクチン(ガーダシル) に含まれる

HPV6/11/16/18型に加え、HPV31/33/45/52/58型が含まれたワクチンです。

子宮頸がんの原因となるHPV型の88.3%をカバーします(従来のワクチンは65.4%)

 

公費適用にはなっていないため、自費での接種となります。

接種スケジュールはガーダシルワクチンと同じですが、全例調査で情報収集が求められているので、事前に登録が必要です。詳しくはお問合せください。

 

シルガード9を接種希望の方は事前にお問合せいただくようお願いいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME